MENU

抗体誘導ペプチド(FPP004)

Antibody-derived peptide (FPP004)

IgEを標的とした抗体誘導ペプチド(FPP004)

 FPP004は、大阪大学大学院医学系研究科との共同研究のもとで当社が創製した開発化合物で、IgE(Immunoglobulin E)を標的タンパク質とする抗体誘導ペプチドです。現在、花粉症を対象疾患として前臨床試験を実施しております。
 IgEは、アレルギー性疾患の発症・進展に関与する重要な因子です。アレルギー性疾患の一つである花粉症には、スギやヒノキなどをアレルゲンとする季節性アレルギー性鼻炎があり、その主な症状は発作性反復性のくしゃみ、鼻水及び鼻閉が特徴となっています。
 花粉症に対する治療は、抗ヒスタミン薬が使用されますが、効果が不十分あるいは重症例では抗体医薬品が処方されています。抗体医薬は、2又は4週間1回の投与が必要となりますが、FPP004はより投与間隔が長く、長期的に抗アレルギー作用を示すことを期待しております。更に価格面での優位性によって、将来、市場に浸透することを期待して開発を進めています。

(「抗体誘導ペプチド」は当社の登録商標です。)

graph
Translate »