MENU

機能性ペプチドとは

What is a functional peptide?

  • ホーム
  • パイプライン
  • 機能性ペプチドとは

 ペプチドとはアミノ酸が2~50個程度がつながった化合物の総称です。アミノ酸がさらに多くつながった化合物をたんぱく質と呼び、人体の多くがたんぱく質で構成されております。ペプチドの中にはインスリン、グルカゴン、カルシトニンなど、ホルモンとして体内の器官の働きを調整する情報伝達を担う物質もあります。このペプチドの機能を利用し、医薬品にしたものをペプチド医薬品といいます。たとえば、28個のアミノ酸がつながったANPというペプチドは、急性心不全の治療薬(商品名:ハンプ)として使われています。現在では、ペプチド合成技術が開発され、特定の機能があるペプチドを人工的に合成することができ、これらは機能性ペプチドと呼ばれております。前立腺癌治療薬リュープロレリン(商品名)は、LH/RH(黄体形成ホルモン放出ホルモン)を一部、構造を変換して合成したペプチドです。こうした薬は機能性ペプチドを実用化した例と言えます。

研究開発パイプライン

 当社は、ペプチドの多様な機能に着目し、機能性ペプチドを化粧品から医療機器、医薬品まで、広範な分野へ事業展開する大阪大学発のベンチャーです。
 研究開発パイプラインは、ユニークな機能性ペプチドの研究テーマ及び開発品により構成されております。

医薬品

graph

※1 乾癬に対する抗体誘導ペプチドの研究ですが、FPP003とは別の標的分子を対象にしております。
NEDO「研究開発型ベンチャー支援事業/橋渡し研究開発促進による事業化支援」の支援を受けて、橋渡し研究機関大阪大学との共同研究により実施しています。

※2 AMED「平成30年度創薬支援推進事業・希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業」の支援を受けて実施しています。

※3 AMED「平成30年度医療分野研究成果展開事業・産学連携医療イノベーション創出プログラムセットアップスキーム(ACT-MS)」の支援の成果に基づき、香川大学、大阪大学及び京都府立医科大学との産学連携により実施しています。

化粧品及び医療機器等

graph
Translate »